1. ホーム
  2. >
  3. お知らせ
  4. >
  5. 2020年

お知らせ

2020年4月28日
イーディーコントライブ株式会社

テレワーク緊急対策支援!
持ち出しUSBメモリの「ログ管理」「強制データ削除・ロック機能」
無償提供サービスのお知らせ

お客様各位

平素より当社セキュリティ製品・サービスをご愛顧賜り厚く御礼申し上げます。 緊急的なテレワーク対応時にUSBメモリによるデータ持ち出し需要が高まる一方で、持ち出されたUSBメモリの管理が困難となっています。
お客様により安全・安心してUSBメモリをテレワークにご活用いただくために、この度当社クラウドサービス「AssetFinder Cloud」の一部機能を無償で提供いたします。
テレワークを導入する中で、一時的なデータ持ち出しユーザの管理や、万が一の紛失時の対策として、弊社サービスを是非ご活用ください!

■提供するサービス

 テレワーク緊急対策支援!
 「ログ管理」「強制データ削除・ロック機能」無償提供サービス
 https://www.safety-disclosure.jp/lp/AFC2020/

 「AssetFinder Cloud」でご利用いただける以下の機能をご提供します。

  1. 利用者一覧機能(台帳管理)
    クラウドサーバに登録されているUSBメモリは、事由に検索することができます。
    USBメモリの追加・削除、メモ機能の追加等の機能をご利用いただけます。
  2. 利用ログ管理
    USBメモリの利用履歴、ファイル保存ログ、等細かな利用履歴を収集します。
    インターネット端末利用時のログはリアルタイムでクラウドサーバに記録されます。
    オフライン端末等のクラウドサーバ非接続端末のログは、USBメモリ内に蓄積され次回クラウドサーバ接続端末起動時に、自動的に送信されます。
    クラウドサーバからはいつでもログをCSVファイルで出力いただくことが可能です。
  3. 遠隔データ削除・ロック機能
    USBメモリの紛失・盗難等が発生した場合には、クラウドサーバに登録されている USBメモリを「無効化」に設定することで、次回クラウドサーバ接続時に強制的に USBメモリ内のデータを削除しロックします。 本制限が実施されたログはクラウドサーバに記録されますので、事故発生後の状況把握を しっかりとご管理いただけます。
■サービス期限
 2020年9月30日 まで
■対象USBメモリ製品
  • Traventy 3(USBメモリ本体)
  • Traventy 3 AdminPack(管理用ソフトウェア)
※本サービスのご利用には、管理ソフトウェア「Traventy 3 AdminPack」のご導入が必要です。
※すでに本製品をご導入いただいているユーザ様も本サービスをご利用いただけます
■ご利用可能USBメモリ本数
制限はございません。
■お申し込み方法
下記のURLより本サービスのお申込書をご記入いただき、下記のアドレスまでお送りください。
■ご利用までの流れ
 お申込書ご提出後、当社よりクラウドサーバのアドレス及びログイン情報をお送りいたします。
 ↓
 クラウドサーバにアクセスいただき、台帳情報をご登録ください。
 ↓
 Traventy 3 USBメモリに、クラウドサーバのアドレスを設定したポリシーを適用(初期化)してください。
 ↓
 USBメモリを起動し、クラウドサーバにご登録いただきご利用ください。

 ※実際の操作方法は以下の利用マニュアルをご参照ください。
 サービス利用マニュアルURL
 https://www.safety-disclosure.jp/lp/AFC2020/manual.pdf

本サービスの詳細については、下記アドレスまでお問い合わせいただけますよう宜しくお願い致します。

(お問い合わせ先)
イーディーコントライブ株式会社
リスクマネジメント事業部
Email sd-brand@ed-contrive.co.jp